おすすめリンク

八王子で家族葬!香典知識

八王子で行われる家族葬で香典を準備する時、費用の相場や渡すタイミングなど、香典についてまとめました。

費用をかけない葬儀とは?

終活という言葉が使われ注目されるようになったのはここ10年ほどのことです。
2010年と2012年には流行語大賞にノミネートされた事からも当時の新しい言葉だと言うことがわかります。

日本で終活がここまで脚光を浴びるようになってきた背景には社会の変化が大きく関係しています。
古来から日本では地域社会の結びつきが強く終末の儀式は家族と地域に支えられて執り行われることが一般的でした。
戦国の経済復興に伴う高度成長期以降は核家族化、更には少子高齢化によって人の生活や人間関係が大きく変わり高齢であっても一人で暮らす方が増えて個人と地域社会とのつながりが希薄化しています。
また、医学の進歩により平均寿命が伸びることで介護や医療への負担が本人や家族に大きくのしかかっています。
そのような現状もあり人生の最後を迎えることも限られた家族や少人数で執り行う場合が増えています。

終活とは人生の最後を意識して最後まで心豊かで幸せに生きるための未来へ向けた活動全般の事を指しています。
終活を行う上でとても注目されているのが「エンディングノート」です。
終活は未来を幸せに生きるための活動ですから自分なりの幸せを見つけるためには自分史を書くことが必要になります。未来の計画は過去を知ることから始まるのです。自分がどんな人間でどう考え行動して生きてきたのかを整理することで進むべき未来を探っていきましょう。いろんな思い出を書くことで思考が深くなり新たな発見や教訓なども得られるのようになります。

残される家族への思いや伝えたいこと、葬儀に対する具体的な方法などを残しておくことは家族に対する思いやりになります。
混乱やトラブルを避けるためにもエンディングノートを書いておくことはとても大事なことです。