自分に相応しい終末を考えて見ませんか

>

近年よく耳にする終活とエンディングノートの目的とは

この記事をシェアする

葬儀は人生を締めくくるセレモニー

家族が亡くなった場合故人を見送るためのセレモニーとして日本では古来から葬儀が執り行われてきました。
これは人生の重要な節目を表す冠婚葬祭の「葬」にあたります。

重要なセレモニーとして厳かかつ盛大に行われてきた葬儀ではありますが最近よく選ばれているスタイルに「火葬式」いわゆる直葬があります。
一般的な葬儀を執り行う際の通夜・告別式は家族にとって負担がとても大きいものです。一方火葬式の場合は通夜・告別式とも無く火葬場にてお別れをするというかなり簡略化された葬儀となります。簡略化により費用も大幅に抑えることができます。

火葬式が選ばれる理由としては以下が挙げられます
・身内のみで故人を送りたい
・葬儀に呼べる親戚や知人が少ない
・葬儀の形式にこだわりがない
・費用を抑えられる

もっと知りたい一般的な葬儀と火葬式の違い

一般的な葬儀と火葬式の流れがどうなっているか見ていきましょう。

・一般的な葬儀の流れ
臨終→遺体の安置→葬儀社との打ち合わせ→納棺→通夜→告別式→出棺→火葬場にてお別れの儀式→火葬→還骨法要→納骨・四十九日

・火葬式(直葬)の流れ
臨終→遺体の安置→葬儀社との打ち合わせ→納棺→出棺→火葬場にてお別れの儀式→火葬→還骨法要→納骨・四十九日

大まかな流れですが違いは通夜と告別式があるかないかの違いだけです。しかしこの2つが最も大きなセレモニーなので執り行う家族の心労や費用面でかなり大きな差が出ます。2日感に渡り慰問客を出迎えもてなすのは大変なことです。
また火葬式では一般的に香典も必要ないとされ香典返しの手配が省けます。

自分が望んだ火葬式でも供養が不十分などの思いを抱く家族がいるかも知れません。
一例として火葬式をご紹介しましたが家族の負担なども考えて自分の望む形式を検討してみましょう。